社会

山里青年会が希羽ちゃん支援チャリティーエイサー

カチャーシーで盛り上がる出演者=27日午後8時すぎ、沖縄市山里

 【沖縄】重い心臓病の拡張型心筋症を患い、心臓移植を必要とする翁長希羽(のあ)ちゃん(1)を支援しようと27日、沖縄市山里青年会は市山里の公民館前で「山里チャリティーエイサーまつり」を開催した。

会場に募金箱を設け、出店の収益全てを寄付する。米国で心臓移植を受けた松島良生(らい)君(12)を支援した「らい君を救う会」の関係者も駆け付け、希羽ちゃんへの支援を呼び掛けた。
 らい君を救う会の當山みゆき共同代表と役員の屋比久里美さんは「移植を待つ希羽ちゃんの笑顔を見るため、善意のバトンタッチをしたい」と語った。
 山里青年会は毎年、チャリティーエイサーまつりを開いている。9回目となることしは4青年会がエイサーを披露した。「のあちゃんを救う会」の平良誠共同代表は「希羽ちゃんの笑顔を皆さんに見せられるよう頑張りたい」と感謝した。