政治

山内氏、比例で当選 社民立候補9人中2位

 参院選の比例代表で、社民党新人の元県出納長・山内徳信氏(72)が30日未明、当選を決めた。山内氏は同日午前4時45分ごろ、宜野湾市長田の選対本部事務所で「大田昌秀さんの後をきちっと継承でき平和の声を絶やさない大きな1議席だ。教科書改ざん問題や新基地建設反対など平和の問題に具体的に取り組む」などと抱負を述べた。

 社民党は比例代表で2議席を獲得。山内氏は14万5666票を獲得し、社民党立候補者9人のうち2位だった。
 革新支持層を中心に県内で支持を広げたほか、全国各地を回り、九州や関西、関東などでも社民党支持層や県出身者などに浸透を図った。
 元読谷村長として基地返還と跡地利用、平和行政を進めた実績が強みとなった。
 このほか県内から比例代表に出馬した共産党の新日本婦人の会県本部会長・前田芙美子氏(58)、国民新党の前県議・呉屋宏氏(48)、自民党の全国老人福祉施設協議会副会長・仲宗根康人氏(48)は落選した。
 山内徳信(やまうち・とくしん) 1935年2月15日生まれ、読谷村出身。72歳。琉球大卒。教員を経て74年読谷村長に初当選、6期務めた。大田県政時代の98年に県出納長。現在「基地の県内移設に反対する県民会議」共同代表。
    ◇    ◇
 山内氏の当選で県選出・出身国会議員は衆院議員7人、参院議員4人の11人のままとなったが、与党5人、野党6人で与野党が逆転した。