政治

知事困惑「見守りたい」 安倍晋三首相の退陣

 安倍晋三首相の退陣表明で仲井真弘多知事は12日午後「突然で大変驚いている。内閣改造で各大臣にあいさつしたばかりで、わたし自身困惑している。今後、どういう体制になるか見守りたい」との短い談話を出した。

 知事は同日、休養を取っており、上原昭知事公室長が代わりに知事のコメントを読み上げた。
 米軍普天間飛行場移設問題への影響について上原公室長は「県と政府は(早期移設を目指す)基本方向で一致しており、大きな影響があるとは思っていない」と淡々とした受け止め方を示した。一方で「日程的には影響が考えられる。移設措置協議会の早い時期の開催は厳しいのではないか」とも発言、政界の混迷で移設問題の決着時期が遅れるとの見方を示した。
 安倍首相について上原公室長は「普天間視察の際『県民の声を聞いて取り組むことが大切だ』と話しており、そういう基本姿勢には期待していた。その意味では(辞任は)残念だ」と話した。