経済

海の中で人材研修 クオリアダイブ

 人材派遣業の日本リガメント(愛知県)のグループ会社、クオリアダイブ(那覇市、田中正次社長)がダイビングを活用した企業向け人材研修プログラムを実施している。言葉の通じない海中で目と目で会話をしたり、手をつないだりと日常(陸上)とは異なる不自由な環境で、他人への協力、相手への思いやり、意思伝達の重要性が学べるという。

 同事業は県や県産業振興公社が実施する2006年度ベンチャービジネスサポート事業に採択された。28日からは東京で開催される全国インキュベーションフォーラム2007に県内企業として唯一出展する。
 クオリアダイブの布垣あきら事業推進プロジェクトマネジャーは「海の中では社会的地位や年齢、プライドは通用しない。相手を信頼し協力することの大切さに気づく。研修後の社内の結束力が向上する」と効果を強調している。これまでに、5社計50人の研修を受け入れており、今後県外企業向けに、新入社員や中堅、幹部社員の人材研修プログラムとして売り込んでいく。