政治

「マスコミが誘導」 外相、衆院外務委で批判 一面的発言

 【東京】米兵による性暴力被害者の公開書簡への感想として町村信孝外相が国会で「一面的」と繰り返した件が、15日の衆院外務委員会で再び取り上げられた。

 町村外相は「軍隊で世界の、日本の平和が保たれた面を政策論として言ったのであり、被害者の方にそういう考え方を持ってほしいと言ったつもりはない」と釈明した。東門美津子氏(社民)に答えた。
 町村外相は報道への批判も展開。「誘導的といっては何だが、私の答弁をバランスよく報道しているとは思えない。新聞を読んで被害者の方が不快感を持ったとすれば大変申し訳ないし、おわびを言いたいが、被害者も報道を見て『町村がそう言った』と受け止めたのだろう。報道(機関)がある種の意図の下に誘導的に報道することがある。客観的、公平な報道をしてほしいと望んでいる」と述べた。