過去の記事 RSSicon

八重山ポニーズ3位/世界ポニーベースボール 2002年8月25日 
このエントリーをはてなブックマークに追加

 
  ポニーベースボールの世界選手権第7日は23日、米国ピッツバーグのルーヘイズポニーフィールドで準決勝を行い、アジア太平洋地区代表として出場した八重山ポニーズが3位に入賞した。
  八重山はプエルトリコ(カリビアン地区代表)に5-8で敗れ、決勝進出はならなかった。
  八重山は打撃が好調で11安打とプエルトリコの9安打を上回った。4回までに7点のリードを許したが、6回に4点を返し追い上げるなど、最後まで健闘した。
 
  ▽準決勝 八重山ポニーズ 0010040┃5 300500×┃8 プエルトリコ (八)大嶺、金城長-玉城啓 (プ)ファンタジー、ロザタ、ガルシア-バルゴス ▽本塁打 バルゴス、ガルシア(以上プ) ▽二塁打 玉城(八)
 大きな収穫/伊志嶺吉盛監督の話 世界3位の成績には満足している。今大会は失策が少なく、守備には100点をあげたい。投手陣も踏ん張ったが、走者を置いてから、甘い球を打たれたことが痛かった。世界のレベルを肌で感じることができたのは大きな収穫。この経験を生かし、より高いレベルのチームにしたい。
 


今日の記事一覧>>


関連すると思われる記事

powered by weblio


過去の記事一覧


過去の記事を見る場合はこちらをクリックするか、 ページ右上のサイト内検索をご利用ください。