過去の記事 RSSicon

演習で米兵撃たれ死亡/米本土基地の都市型訓練施設 2002年8月31日 
このエントリーをはてなブックマークに追加

 
  【ワシントン30日=本紙駐在・森暢平】米カリフォルニア州の海兵隊基地「キャンプ・ペンドルトン」の都市型戦訓練施設で28日夜、空包を使った演習中の海兵隊員が、使われていないはずの実弾に当たり死亡する事故があった。海兵隊は同施設での演習を中止して、原因を調べている。
  施設はさまざまな建物がそろい、市街戦演習を行う場所で、同様な施設がキャンプ・ハンセンにも計画されている。
  同基地広報によると、約75人が参加した市街戦の演習中、一等兵(19)が胸を撃たれ死亡した。演習にはM4ライフル銃の空包が使用されていたが、実弾が混入していたらしい。
 


次の記事:非暴力の心 世界へ/ペシャワー...>>
アイコン 今日の記事一覧 アイコン 今月の記事一覧 アイコン 最近の人気記事


関連すると思われる記事

powered by weblio


PR



過去の記事一覧


過去の記事を見る場合はこちらをクリックするか、 ページ右上のサイト内検索をご利用ください。