過去の記事 RSSicon

復帰30周年ふるさと切手「沖縄の花」が発売 2002年8月24日 
このエントリーをはてなブックマークに追加

 
  復帰30周年を記念して、ヒカンザクラと伊江島など県内5地域の花と風景を組み合わせた絵柄のふるさと切手「沖縄の花」が23日、県内の郵便局で発売された。
  同切手は全5種類でふるさと切手にしたい沖縄の花の名称を県民から募集し、イラストレーターの安室二三雄さんが絵柄を描いた。1枚50円。800万枚発行され、県内では500万枚販売される。
  この日、那覇中央郵便局は朝早くから「沖縄の花」切手を求める収集家たちでにぎわった。那覇市の当銘由八郎さん(70)は「沖縄の花の切手が五種類も同時発売されるのは珍しい。コレクションとして大事にしたい」と喜び、買い求めていた。
  同日、沖縄総合通信事務所の大寺廣幸所長は県庁を訪れ、稲嶺恵一知事に「沖縄の花」の初刷り切手を贈呈した。
 


今日の記事一覧>>


関連すると思われる記事

powered by weblio


過去の記事一覧


過去の記事を見る場合はこちらをクリックするか、 ページ右上のサイト内検索をご利用ください。