過去の記事 RSSicon

長寿支える食全国へ/WUB東京が「沖縄の食材・料理」出版 2002年8月30日 
このエントリーをはてなブックマークに追加

 
  【東京】沖縄の食文化の素晴らしさを全国に発信しようと、WUB(ワールドワイド・ウチナーンチュ・ビジネス・アソシエーション)東京(重田辰弥会長)のメンバーが「沖縄の食材・料理-長寿日本一を支える沖縄の食文化」(B6判、135ページ、販売元・沖縄教販)と題する本をこのほど出版した。
  著者は、東京都世田谷区で琉球料理「古都首里」を経営するWUB東京理事・仲本玲子さん(49)=本名・高倉=と同監事・小畑耕行さん(54)=日本総研理事=の2人。宮城重二女子栄養大教授が監修した。
  第5回WUB世界大会東京2001(昨年10月開催)の準備を進めていた時に、小畑さんが「沖縄の食に関する本を出してはどうか」と、仲本さんに執筆を勧めたのがきっかけ。沖縄の食材のインターネット販売も目指すことになり、ことし3月にWUB東京の有志で「プロジェクト首里」を発足。本のカバーデザイン、写真提供をWUB東京理事の蝋山由美さん(49)=アートディレクター=が担当するなど出版にこぎつけた。
  同書は食材編、料理編、泡盛編の3部で構成。沖縄の食文化と歴史、食材、調味料などを解説し、代表的な沖縄料理の作り方も写真入りで紹介している。
  定価は1500円(税別)。問い合わせはレイ・アンド・レイ03(3439)3062またはプロジェクト首里のホームページ(http://www.shuri.co.jp)。
 


今日の記事一覧>>




関連すると思われる記事

powered by weblio


PR



過去の記事一覧


過去の記事を見る場合はこちらをクリックするか、 ページ右上のサイト内検索をご利用ください。