過去の記事 RSSicon

大東、けさ暴風域/台風15号 2002年8月29日 
このエントリーをはてなブックマークに追加

 
  大型で強い台風15号は28日午後9時現在、大東島地方の東北東約280キロを時速25キロで西北西に進みながら、大東島地方に接近している。大東島地方は29日明け方に暴風域に入る見込み。一方、本島地方は29日午前3時ごろに強風域に入る見込みで、予想進路の南寄りを取った場合には29日昼すぎに暴風域に入る可能性がある。台風は今後、やや進路を北寄りに変えて進む見込み。
  中心気圧は955ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル。中心の北東側150キロ以内と南西側90キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。
  南北大東島は28日夜から29日未明にかけて強風にさらされた。両村役場は28日午前から防災無線で台風への警戒や独居老人への注意を呼び掛け、公共施設の台風対策に追われた。
  一方、少雨傾向によるサトウキビの被害が懸念される中の台風接近で、農家は降雨による水不足解消を期待していた。
  空の便は、29日は琉球エアーコミューター(RAC)が那覇-粟国など6路線36便の欠航を決めている。他の航空各社は29日午前は通常通りの運航を予定しているが、午後の便から影響が出そうだ。
 


今日の記事一覧>>


関連すると思われる記事

powered by weblio


過去の記事一覧


過去の記事を見る場合はこちらをクリックするか、 ページ右上のサイト内検索をご利用ください。