過去の記事 RSSicon

団体向けビザ発給を上海総領事に要請/稲嶺知事 2002年8月18日 
このエントリーをはてなブックマークに追加

 
  中国・上海を訪問中の稲嶺恵一知事は16日、ジェトロ上海や在上海日本総領事館のメンバーらと懇談。席上、団体客向けのビザ発給要請など県観光の振興策で意見を交わした。要請に対し在上海日本総領事館の杉本信行総領事は「早急に対応できるよう人員要求を行っている」と、発給実現に意欲をみせた。
  県によると、ジェトロ上海センターの丸屋豊二郎所長は、「上海では市民の所得も増加し、海外旅行も増えている。日本の各県も事務所を設置している」などと説明。知事に対し「上海との直航便を有する沖縄としては、上海事務所の設置は必要」と、提案した。また「沖縄の魅力は海。マリンリゾートをアピールすることが重要」などと助言した。
  稲嶺知事は「今後は、マリンスポーツの魅力を上海でも積極的にPRしていきたい」と答えた。
  稲嶺知事は福建・沖縄友好省県締結五周年記念経済ミッションの一行とともに上海を訪問。上海浦東軟件園(IT企業団地)などを視察し、17日に帰任した。
 


今日の記事一覧>>


関連すると思われる記事

powered by weblio


PR

  • モンドセレクション最高金賞を受賞した琉球もろみ酢で健康維持に!


過去の記事一覧


過去の記事を見る場合はこちらをクリックするか、 ページ右上のサイト内検索をご利用ください。