社会 RSSicon

飼い猫の避妊義務化 イリオモテヤマネコ保護2008年6月19日 
このエントリーをはてなブックマークに追加

 【竹富】竹富町議会(通事隆一議長)は18日午後の6月定例会本会議で、竹富町ねこ飼養条例の全面改正案を全会一致で可決した。国の特別天然記念物で絶滅危惧(きぐ)種のイリオモテヤマネコの保全のために、住民に対して猫を適正に飼うことを求める内容で、国内初の条項を多数盛り込んでおり、国内動物行政のモデル条例として注目されている。
 同条例は、イリオモテヤマネコをネコエイズやネコ白血病ウイルスなどから守る目的で2001年に施行された条例をさらに厳しい内容に全面改正したもの。西表島では、国内で初めて飼い猫の検査や予防接種、避妊・去勢手術が義務づけられ、検査を受けていない猫を島内に持ち込むことができなくなる。猫を10匹以上飼うことは原則禁止、飼い猫へのマイクロチップの埋め込みも義務化された。
 西表島限定の特則のほか、町全体でも飼い猫の登録や汚物の適正処理などの義務、遺棄や飼い猫以外への餌やりの禁止が定められている。


次の記事:生まれたことに感謝 歌で平和...>>
アイコン 今日の記事一覧 アイコン 今月の記事一覧 アイコン 最近の人気記事


関連すると思われる記事

powered by weblio


PR



社会一覧


過去の記事を見る場合はこちらをクリックするか、 ページ右上のサイト内検索をご利用ください。