エンタメ RSSicon

陳腐なドラマ化に怒った 「クライマーズ・ハイ」2008年7月1日 
このエントリーをはてなブックマークに追加

「クライマーズ・ハイ」=(c)2008「クライマーズ・ハイ」フィルム・パートナーズ

 筆者が高校1年の時だった。1985年8月12日、群馬・御巣鷹山の尾根に日航機墜落。当時、記者として取材に携わった横山秀夫の同名小説を読み、未曾有の大事故を報じた側にも壮絶な闘いがあったことを知った。原作の緊張感をそのまま映像にしたNHKスペシャルドラマに魂震えた。
 原田真人監督がこの傑作を超えるのはムリとは思っていたが、まさかこんな陳腐なドラマになっていたとは。怒りで震えた。
 原作にはないワンマン社長のセクハラ問題という昼ドラのような設定を持ってきたかと思ったら、悠木デスクが英断を迫られる重要なシーンで、自分があこがれたハリウッド映画の主人公に成りきるとか「記者をナメるな」のオンパレード。
 そもそも当時、女性記者をこの現場に行かせたら、目立ってスクープどころの話じゃなかったはずだ。原田監督は映画的なドラマチックさを狙ったのだろうが、この事故だけでも衝撃的だったのだ。余計な味付けはいらない。★★☆☆☆(中山治美・筆)

 【データ】
監督:原田真人
原作:横山秀夫
出演:堤真一、堺雅人、山崎努
7月5日(土)から全国公開
(共同通信)


次の記事:笑った! しびれた! 「ホッ...>>
アイコン 今日の記事一覧 アイコン 今月の記事一覧 アイコン 最近の人気記事


関連すると思われる記事

powered by weblio


PR

  • モンドセレクション最高金賞を受賞した琉球もろみ酢で健康維持に!


エンタメ一覧


過去の記事を見る場合はこちらをクリックするか、 ページ右上のサイト内検索をご利用ください。