地域 RSSicon

浦添、美らまち目指し 10団体に115万助成2008年7月10日 
このエントリーをはてなブックマークに追加

まちづくりについて熱い思いを主張する応募団体ら=浦添市役所

 【浦添】市民による浦添市の景観まちづくり活動を助成する第8回「浦添市まちづくりプラン賞―うらそえ美(ちゅ)らまち夢プラン」(浦添市主催)の公開審査が5日、浦添市役所で開かれた。各地区の自治会や特定非営利活動法人(NPO法人)、ボランティア団体など10団体が審査を受け、応募したすべての団体が受賞した。助成額は計115万円。24日に授賞式が行われる。
 審査は、市内の公園や道、川や海などの場、地域の美しい風景などを守り、育て、創造することを目的とした活動計画が対象。これまで延べ46団体(計805万円)が助成を受けている。
 応募団体は「公園にテッポウユリや桜の木を植えたい」「川まつりのシンポジウムを開きたい」「子ども旗頭を作り、まちづくりにつなげたい」など応募理由や目的を熱い思いを込めてアピール。審査委員7人(大濱勝彦委員長)は活動内容や収支計画などを審査しながら内容に応じて助成額を決めた。
 受賞した団体は次の通り。(得点順)
 浦添中学校区コミュニティーづくり推進委員会、NPO法人まちづくりてだこ市民会議、港川自治会、茶山緑の城下まちづくり委員会、NPO法人うらおそい歴史ガイド友の会、経塚自治会、コスモス会、西原旗頭保存会、魅力溢れる故郷・内間づくり推進委員会、語(かた)やびら沖縄語(うちなあぐち)ぬ会


次の記事:債権者合意出そろう オークス再建>>
アイコン 今日の記事一覧 アイコン 今月の記事一覧 アイコン 最近の人気記事


関連すると思われる記事

powered by weblio


PR

  • モンドセレクション最高金賞を受賞した琉球もろみ酢で健康維持に!


地域一覧


過去の記事を見る場合はこちらをクリックするか、 ページ右上のサイト内検索をご利用ください。