スポーツ RSSicon

浦商、沖尚きょう決勝 夏の甲子園県大会第11日2008年7月13日 
このエントリーをはてなブックマークに追加

興南―沖尚 8回裏沖尚2死2、3塁 右翼線際に逆転の適時3塁打を放つ5番伊志嶺大地=北谷公園野球場
浦添商―石川 石川打線を2点に抑え、完投勝利した浦添商の上地時正=北谷公園野球場

 第90回全国高校野球選手権沖縄大会第11日は12日、北谷公園野球場で準決勝2試合が行われ、第1試合は浦添商が石川を8―2で破り、2年連続5度目の決勝進出を決めた。第2試合は沖尚が3―1で興南を下し、3年ぶり9度目の決勝進出を果たした。浦添商は初回、バッテリーエラーなどで先制を許すが、その裏に追いつくと二回から四回までに9安打を集中させ、一挙に逆転。中盤までに大量リードをもらった先発の上地時正は、石川に付け入るすきを与えず、決勝進出を果たした。沖尚も守りのミスなどから初回に先制を許す。打っては興南先発の島袋洋奨の球威に苦しみ、拙攻も重なったが、六回に追いつくと、八回二死から好機をつくり、伊志嶺大地の適時打で勝ち越し。主戦の東浜巨は二回以降を4安打に抑え、九回の二死2、3塁のピンチも切り抜け、決勝進出を決めた。決勝は13日午後1時から同球場で行われる。


次の記事:拳闘王国再興へ沖縄祭 渡嘉敷...>>
アイコン 今日の記事一覧 アイコン 今月の記事一覧 アイコン 最近の人気記事


関連すると思われる記事

powered by weblio


スポーツ一覧


過去の記事を見る場合はこちらをクリックするか、 ページ右上のサイト内検索をご利用ください。