コラム RSSicon

政治家を振り向かせよう2008年7月20日 
このエントリーをはてなブックマークに追加

 6月8日投開票の県議会議員選挙を取材した。与野党逆転という結果は衝撃的だったが、それより気になったのは投票率の低さだった。57・82%は前回を下回り過去最低。「何とか投票率を上げたい」と思って記事を書いていたので、この結果はとても残念だった。
 選挙に行かないのは20代、30代の若い人だと言われている。取材中、ある陣営の人に「学生が多い地域はどのように選挙活動をするのか」と聞いたら「ほとんど行かない」と返ってきた。「どうせ選挙に行かないんだし、そこを回るよりはほかの地域を回った方がいい」という。
 若い人が政治に無関心なのと同じように、政治家も若い人に無関心だということを垣間見て、若い世代の一人として非常に怖いと思った。
 一方で明るい話題もあった。県明るい選挙推進青年会VOTEは、ネットのユーチューブで候補者のインタビューを配信する取り組みを始めた。実際に映像を見たところ、インタビュアーも若く、質問内容も若い人が関心の高いものばかりで、候補者選びにとても参考になった。
 「投票したいと思う人がいない」という声をよく聞く。自分自身も選挙取材にかかわるまでは同じことを考えていた。今は、投票したいと思う人が出てくるのを待つだけではなく、積極的に政治にかかわって政治家を振り向かせることも大事だと思う。
(稲福政俊、社会部)


次の記事:>>
アイコン 今日の記事一覧 アイコン 今月の記事一覧 アイコン 最近の人気記事


関連すると思われる記事

powered by weblio


PR

  • モンドセレクション最高金賞を受賞した琉球もろみ酢で健康維持に!


コラム一覧


過去の記事を見る場合はこちらをクリックするか、 ページ右上のサイト内検索をご利用ください。