スポーツ RSSicon

中学総体総合開会式 4500人参加2008年7月20日 
このエントリーをはてなブックマークに追加

力強く選手宣誓する大浜中男子バレーボール部主将の西盛照羽(左)と同中卓球部主将の前花真里=県総合運動公園陸上競技場

 第35回県中学校総合体育大会の総合開会式が19日午後、県総合運動公園陸上競技場で行われ、先行開催した水泳、体操、新体操、柔道、空手、テニスと20日に開会式を迎える軟式野球を除く11競技の各地区代表約4500人が参加した。各地区を代表して参加する選手らは、20日からの競技開始を待ちきれない様子で行進した。
 開会式では備瀬洋一大会長(県中体連会長)が「日ごろの練習の成果を十分に発揮し、中学生らしく正々堂々最後までプレーしてほしい」とあいさつした。生徒を代表してコザ中の玉城佳鈴生徒会長は「最高の思い出が残せるよう力の限り頑張ってほしい」と述べ選手を激励した。
 選手代表宣誓では八重山地区から出場する大浜中男子バレーボール部主将の西盛照羽と同中卓球部主将の前花真里が「沖縄の太陽のように、熱く力強くたくましく最後の最後まで全力で戦い抜くことを誓います」と宣誓した。
 20日は県内各地で10競技が行われる。


次の記事:成年男子ボウリング高良V 国...>>
アイコン 今日の記事一覧 アイコン 今月の記事一覧 アイコン 最近の人気記事


関連すると思われる記事

powered by weblio


PR



スポーツ一覧


過去の記事を見る場合はこちらをクリックするか、 ページ右上のサイト内検索をご利用ください。