琉球舞踊 RSSicon

北京公演向け 心一つ 琉舞・組踊出演者ら結団式2012年2月22日 
このエントリーをはてなブックマークに追加

北京公演へ向けた結団式に出席した芸能団=20日夜、那覇市泉崎の琉球新報ホール

 24日に中国・北京で上演される琉球新報創刊120年プレ企画の琉球舞踊・組踊公演「北京と琉球を結ぶ」(主催・琉球新報社、共催・中国青年交流センター、県、沖縄芸能連盟)に出演する芸能団の結団式が20日夜、那覇市泉崎の琉球新報ホールで行われ、公演へ向け気持ちを高めた。
 芸能団は琉球新報社の池間聡取締役事業局長を団長に計46人が参加する。副団長を務める県文化観光スポーツ部の松川満・文化スポーツ統括監は「海外で沖縄の文化がどのように理解されるのか、確かめたい。素晴らしい成果が出るように注目したい」とあいさつした。
 人間国宝(琉球古典音楽)の照喜名朝一さんは「今日の(稽古の)ように迫力のある踊りができると思う。沖縄、日本を代表しているとの気持ちで頑張ろう」と呼び掛けた。
 芸能団は22日に北京へ向けて出発。24日に組踊「二童敵討」や琉球舞踊、琉球古典音楽を披露する公演を行い、25日に帰沖する。


次の記事:最終志願0・99倍 県立高校一般入試>>
アイコン 今日の記事一覧 アイコン 今月の記事一覧 アイコン 最近の人気記事


関連すると思われる記事

powered by weblio


琉球舞踊一覧


過去の記事を見る場合はこちらをクリックするか、 ページ右上のサイト内検索をご利用ください。