琉球舞踊 RSSicon

修学旅行生が祭り 銀天街で舞台、出店2012年2月22日 
このエントリーをはてなブックマークに追加

コザ栄光祭の島唄ライブで三線と歌を披露する栄光学園高校の生徒ら=18日、沖縄市照屋の銀天街商店街

 【沖縄】修学旅行で来県した神奈川県鎌倉市の栄光学園高校の2年生が企画運営に携わる「第3回コザ栄光祭と銀天街まつり(同商店街主催、コザインフォメーションセンターと市中心市街地活性化協議会共催)が11日、沖縄市照屋の銀天街商店街で開催された。沖縄チャンプルー博覧会の関連行事。舞台では生徒が体験学習で学んだエイサー、三線演奏、琉球舞踊を披露し、通りは多くの来場者でにぎわった。
 生徒は昨年11月ごろから銀天街商店街やコザインフォメーションセンターと連絡を取りながら祭りの準備に関わり、修学旅行で滞在中は生徒187人が沖縄市を中心にエイサー体験など30以上の体験学習に参加した。
 栄光祭では毎年恒例で人気を得ている横浜中華街の肉まんが販売され、生徒が蒸し器で調理した熱々の肉まんを次々と来場者が買い求めていた。沖縄市内の街並みを撮影した写真コンテスト「コザグラフ」、空手演武、琉球舞踊、ジャグリングエイサーなどが舞台で繰り広げられ、島唄ライブでは生徒が「涙そうそう」「島人ぬ宝」を三線と歌で披露した。
 このほか鉄道愛好者の生徒が第1回の祭りで実施し、後輩が継承開催している鉄道模型Nゲージの展示では、子どもたちが生徒の指導で小さな列車を線路で走らせる体験をしていた。FMコザでは市内の高校生と一緒に出演し、神奈川と沖縄の自然や人々の習慣の違いなどを話した。


次の記事:新聞を学び記者に挑戦 今帰仁...>>
アイコン 今日の記事一覧 アイコン 今月の記事一覧 アイコン 最近の人気記事


関連すると思われる記事

powered by weblio


琉球舞踊一覧


過去の記事を見る場合はこちらをクリックするか、 ページ右上のサイト内検索をご利用ください。