コラム RSSicon

コラム「南風」 そば店開業のきっかけ2012年3月5日 
このエントリーをはてなブックマークに追加

 私はラジオ番組で沖縄そば店を紹介するコーナーを担当しています。80人以上の店主に開業のきっかけについて質問しました。人生のターニングポイントという視点から、沖縄そば店主になった経緯を紹介しています。
 一番多いのが、第二の人生を考えて脱サラした人。次に子育てが一段落してパートを始めるつもりが自分で開業した人。自分で手打ち麺を作ったらおいしかったので家族、親戚に振る舞ったら「この麺でお店をだしたら繁盛するよ」との声で開業した方もいます。「あの時褒めなければよかったと後悔しています」と冗談半分に答える奥さまもいます。
 オープン前は家族が猛反対する例は意外と多く、逆に兄弟が協力して親が資金を出して繁盛している店もあります。
 次に製麺所に勤めていた人や沖縄そば店で働き「のれん分け」した人、繁盛店の2代目で受け継いだ人など沖縄そばの魅力に惹かれた人たち。おばあちゃんから受け継いだ古民家(築60年〜100年以上の家で仏壇がある)を再生するために始めた方もいます。事業に失敗し再起をかけて繁盛店にした店主。高級ラウス産昆布に出会い独立した珍しい人もいます。
 沖縄そばは「ソウルフード」と言う象徴的な例があります。その方は30歳の頃、東京で働いており、このままヤマトゥで一生過ごすのかな? と悶々(もんもん)としていた時に新宿で沖縄そばを食べ、あまりの懐かしさに「沖縄に帰ろう」と決心。自分で沖縄そば店主(現在有名店)になった人がいます。
 さまざまな人間模様があり、いろんなきっかけがありますが、全員が「沖縄そばじょーぐー」であることは間違いありません。沖縄人(ウチナーンチュ)の魂に響く特別な食べ物なんですね。
(野崎真志(のざきまさし)、(社)沖縄そば発展継承の会理事)


次の記事:普天間補修 恫喝はもはや通じない>>
アイコン 今日の記事一覧 アイコン 今月の記事一覧 アイコン 最近の人気記事




関連すると思われる記事

powered by weblio


PR



コラム一覧


過去の記事を見る場合はこちらをクリックするか、 ページ右上のサイト内検索をご利用ください。