社会 RSSicon

【中国時報】被災地に果物贈る 高雄市長ら台湾の首長2012年3月12日 
このエントリーをはてなブックマークに追加

 高雄市の陳菊市長は5日、台湾南部4県の首長を伴って東京を訪問し、東日本大震災の被災地に向け、台湾産の中南部特産の果物を届けるための出発式を行った。支援のフルーツは6日午前、仙台市立荒浜小学校などに到着。
 陳市長は今回の支援について、台湾南部も大震災や大規模な水害を経験し、その際には日本から多くの支援を受けた。今回は南国台湾のバナナ、ライチ、マンゴーで台湾の日本に対する支援を感じてほしいと述べた。5月までにはもう一度輸送される予定だ。
 今回同行した台南市は仙台市と姉妹協定を結んでおり、昨年6月末には1億元(約2億7千万円)の義援金を送っている。記者会見の後、陳市長らは「日本頑張れ!」の声とともに、トラックを送り出した。


次の記事:キングス、新潟に勝利 bjリーグ>>
アイコン 今日の記事一覧 アイコン 今月の記事一覧 アイコン 最近の人気記事


関連すると思われる記事

powered by weblio


PR



社会一覧


過去の記事を見る場合はこちらをクリックするか、 ページ右上のサイト内検索をご利用ください。