コラム RSSicon

翡翠色の豆2007年5月10日 
このエントリーをはてなブックマークに追加

 ご近所の方から採れたてのえんどう豆を頂いた。
 「えんどうの花の咲く頃は 幼いときを思い出す 家の軒端に巣をくって 暮れ方帰ったあのツバメ」と「えんどうの花」(作詞・金城栄治、作曲・宮良長包)を歌いながら、さっそく調理に取り掛かる。さやを縦に押し、指ではじき出す。祖母と一緒にさやむきをし、母の手伝いをした記憶がよみがえる。遊びの要素があり楽しい手伝いのひとつだった。「豆ご飯」の炊きたての匂(にお)いまでもが思い出される。
 高知に住んで初めて食した豆料理に、姑(しゅうとめ)が教えてくれた「えんどう豆のお汁」がある。お椀(わん)に、えんどう豆がいっぱい入っている、惣菜(そうざい)と汁が一体になった料理だ。だし汁で豆を茹(ゆ)で、薄口しょうゆで味付けしたシンプルな調理法で、採れたての素材を生かし、栄養もあり、これから初夏にかけての旬の一品だ。
 豆を別茹でし、だし汁にしょうゆ、酒やみりんを加え、仕上げにかたくり粉でとろみをつける、京のおばんざい料理の「えんどう豆の翡翠(ひすい)煮」に近い。
 何度も歌っていたら、窓の外にツバメがたくさん舞っている。数年前の話だが、電線に巣立ち前の丸々太った子ツバメたちが並んでいた。親ツバメは遠くまで飛んでいって、虫を口にくわえ1羽ずつに食事を与えていた。何往復もして疲れたのであろう、親ツバメは電線の端っこに休んだ。親は子より痩せて小さかった。子らは親の方を向き一斉にピーピー鳴いて急き立てた。まるで「もっとご飯!」と大声で叫んでいるかのように。親ツバメはまた餌を求め飛んでいった。
 母の日も近い。お母さんが作ってくれた、教えてくれた、懐かしい思い出の味で感謝を伝えるのはいかがだろうか。
(山本 正子、帽子デザイナー)


次の記事:ビタミンCの王様鈴なり 本部...>>
アイコン 今日の記事一覧 アイコン 今月の記事一覧 アイコン 最近の人気記事




関連すると思われる記事

powered by weblio


PR



コラム一覧


過去の記事を見る場合はこちらをクリックするか、 ページ右上のサイト内検索をご利用ください。