政治 RSSicon

きょう機器設置 辺野古事前調査2007年5月18日 
このエントリーをはてなブックマークに追加

 米軍普天間飛行場移設先の環境現況調査(事前調査)で那覇防衛施設局は18日から、名護市辺野古沿岸部の調査海域で調査機器の設置を始める。防衛省は作業支援で海上自衛隊掃海母艦「ぶんご」を投入する見込みだが、久間章生防衛相は民間調査員の代わりに海自潜水士を動員する可能性も示唆している。他県からの海上保安庁の巡視船3隻が17日に那覇新港と中城新港に入港しており、反対派の阻止行動への警備に当たるものとみられる。 県は自衛隊投入は「好ましくない」との見解を示しており、実際の投入には県などの地元と政府との摩擦が起きそうだ。
 久間防衛相は17日の参院外交防衛委員会で、民間調査員が妨害された場合、海上自衛隊員が代行する可能性を示唆した。白真勲氏(民主)が海自隊員の作業代行の可能性をただしたのに久間防衛相は「否定するわけではない」と答えた。自衛隊の関与は「官庁間協力はできる。現在の法制で可能だ」と述べた。
 防衛省の守屋武昌事務次官は17日の記者会見で「(防衛省の施設や装備品以外は)警備の権限がない」と述べ、海自が事前調査の警備行動に関与することは否定した。その上で「反対派の妨害をなるべく少なくするように工夫して今回の現況調査に臨んでいる。海上自衛隊の船をどう使うかも含め、申し上げられない」と述べた。


次の記事:県、独自振興案策定へ ゲート...>>
アイコン 今日の記事一覧 アイコン 今月の記事一覧 アイコン 最近の人気記事


関連すると思われる記事

powered by weblio


PR

  • モンドセレクション最高金賞を受賞した琉球もろみ酢で健康維持に!


政治一覧


過去の記事を見る場合はこちらをクリックするか、 ページ右上のサイト内検索をご利用ください。