沖縄コンパクト事典 RSSicon

護佐丸 (ごさまる)2003年3月1日 
このエントリーをはてなブックマークに追加

 ?〜1458(?〜天順2) 唐名は毛国鼎、号は瑞享、中城按司護佐丸盛春。娘は尚泰久王の夫人。1416年、尚巴志の北山討伐に従軍し今帰仁城を攻略、次いで北山監守として同地に駐屯。その間に居城を山田グスクから座喜味グスクに移す。その際、山田グスクの石を手渡しで運んだという説話は有名。その後、中城グスクに移転。58年、阿麻和利の策により王府軍の攻略を受け、自刃し果てたという(護佐丸・阿麻和利の変)。


『最新版 沖縄コンパクト事典』2003年3月・琉球新報社発行、2,415円(税込)


今日の記事一覧>>


関連すると思われる記事

powered by weblio


PR

  • モンドセレクション最高金賞を受賞した琉球もろみ酢で健康維持に!