沖縄コンパクト事典 RSSicon

護佐丸・阿麻和利の変 (ごさまる・あまわりのへん)2003年3月1日 
このエントリーをはてなブックマークに追加

 1458(尚泰久5)年、中城按司護佐丸を、勝連按司阿麻和利を総大将とする王軍が謀叛のかどで討つが、〈護佐丸謀叛〉は、阿麻和利が護佐丸を除かんがために企んだことが分かり、首里王軍が阿麻和利を逆賊として討つ。護佐丸は尚泰久王の岳父、阿麻和利の妻は尚泰久王の娘、百度踏揚(護佐丸には孫)で、両者は王家を挟んで姻戚関係にあった。争乱は、勢力を誇る護佐丸、阿麻和利を除くための、首里の陰謀ではなかったかという説もある。


『最新版 沖縄コンパクト事典』2003年3月・琉球新報社発行、2,415円(税込)


今日の記事一覧>>


関連すると思われる記事

powered by weblio


PR

  • モンドセレクション最高金賞を受賞した琉球もろみ酢で健康維持に!