沖縄コンパクト事典 RSSicon

今帰仁城跡 (なきじんじょうせき)2003年3月1日 
このエントリーをはてなブックマークに追加

 今帰仁村字今泊の丘陵上に築かれた連郭式のグスク。古生期石灰岩の岩塊を高く積み上げた城壁は総延長1500メートルにも達する。1383年ごろの城主は怕尼芝。攀安知の城主時代1416年ごろに尚巴志軍により落城したと伝わる。【国指定史跡】


『最新版 沖縄コンパクト事典』2003年3月・琉球新報社発行、2,415円(税込)


今日の記事一覧>>


関連すると思われる記事

powered by weblio