過去の記事 RSSicon

西銘前知事を名誉村民に1997年9月24日 
このエントリーをはてなブックマークに追加

  【知念】知念村議会(親川仁勇議長)は十七日の九月定例会で、村出身で元衆議院議員の西銘順治氏(七五)を名誉村民とすることを決議した。名誉村民条例は二年前に施行されたが、今回初めて西銘氏が選ばれた。
  西銘氏は一九二一年十一月五日、与那国町生まれ。南洋パラオ尋常小学校、県立二中、水戸高校、東大法学部を卒業。外務省勤務を経て沖縄群島政府貿易庁入り。琉球立法院議員、琉球政府経済局長、那覇市長を経て、一九七〇年に衆議院議員当選(三期)。七八年年から県知事を三期務め、九三年に再び衆議院議員に。九五年三月に脳こうそくで倒れ、翌年六月勇退した。本籍は知念村久高島となっている。


次の記事:基地固定化を警戒>>
アイコン 今日の記事一覧 アイコン 今月の記事一覧 アイコン 最近の人気記事


関連すると思われる記事

powered by weblio


過去の記事一覧


過去の記事を見る場合はこちらをクリックするか、 ページ右上のサイト内検索をご利用ください。