過去の記事 RSSicon

港の魅力楽しむ1997年9月21日 
このエントリーをはてなブックマークに追加

  「港が歌う、港が踊る」-。「とまりんベイサイドフェスティバル年97」(主催・泊ふ頭開発、共催・琉球新報社、沖縄テレビ)が二日間の日程で二十日、那覇市内の泊ふ頭・とまりんで開幕した。初日はオープニングセレモニーや高校生のカラオケ大会、トワイライトジャズなどが催され、多くの人が泊大橋や停泊する旅客船などをながめながら、ひと味違った祭りを楽しんだ。
  オープニングで主催者を代表してあいさつした泊ふ頭開発の山里守謙社長は「フェスティバルは今年で二回目。とまりんの魅力、ファッション性などのPR、港とその周辺地域の活性化を図ることが目的。祭りで港の持つ魅力と独特な雰囲気を楽しんで下さい」と多くの人の参加を期待した。
  とまりん北側広場の特設ステージで夕方から開かれた「トワイライトジャズ」では、スピルバーグ監督の映画「カラーパープル」で教会の聖歌のシーンをソロで歌ったマリアハウエルさんらが出演し、観客を魅了した。また、「高校生デザイングランプリ年97」や「RV車展示会」なども催されている。
  二十一日は午後八時四十五分から花火が打ち上げられ、花火とジャズコンサートが競演する。
(写真説明)多くの人でにぎわう「とまりんベイサイドフェスティバル年97」。「トワイライトジャズ」では、港の独特なムードの中、ジャズをたっぷり聞かせた=那覇市内・とまりん横特設広場


次の記事:触れ合い求め欧州へ出発>>
アイコン 今日の記事一覧 アイコン 今月の記事一覧 アイコン 最近の人気記事


関連すると思われる記事

powered by weblio


PR



過去の記事一覧


過去の記事を見る場合はこちらをクリックするか、 ページ右上のサイト内検索をご利用ください。