琉球新報制作センター

最先端の新聞制作センター

琉球新報制作センター全景
6階建てのビルに相当する制作センター。総工費80億円が投入された

琉球新報制作センター地図 制作センターは那覇市天久の国道58号沿い、新都心部を一望できる景観にあります。前を通る国道は南部、北部へ伸びる交通の要所にあり、新聞の搬送を迅速にし、那覇空港への時間も短縮でき、離島への新聞発送も便利になります。

 将来、新社屋ビルを中心に情報センターづくりを目指し、琉球新報社が確保した用地は2400坪。制作センターはその用地の北側に建てられています。建築面積は593坪で地下1階、地上3階の鉄骨づくり。3階建てといっても高さは21メートルもあり一般のアパートの6階に相当します。特に基礎は1200トンの新輪転機の重量に耐えられるように頑丈にできています。

 数年後には制作センターに隣接した南側に高層のインテリジェントビル(本社ビル)の建設が計画されており、それが完成すると名実ともに沖縄の情報センターになります。

建物名称 琉球新報社制作センター
所在地 那覇市天久905
敷地面積 7867m2(約2400坪)
建築面積 1956m2(593坪)
延べ床面積 5119m2(1551坪)
構造 地上3階、地下1階 鉄骨コンクリート構造
総事業費 約80億円