社会

寒空彩るサクラ色 本部、今帰仁で桜まつり開幕

ライトアップされた桜を撮影する来場者=23日午後8時半、今帰仁村の今帰仁城跡

 【本部・今帰仁】日本一早い桜まつりが23日、本部町と今帰仁村で開幕した。初日は全国的に冷え込む寒波とあいにくの雨となったが、咲き始めたヒカンザクラが寒空をピンク色に彩り、訪れた来場者の目を楽しませた。本部、今帰仁ともに2月7日まで。

 本部町では「第38回本部八重岳桜まつり」(同実行委員会主催)が開かれた。約7千本のヒカンザクラは来週ごろから見頃を迎える。
 今帰仁村では今帰仁城跡で「第9回今帰仁グスク桜まつり」が開幕。観光客が、ライトアップされた幻想的な夜桜を楽しんだ。