地域

「いっぱい取ったよ」 ゴーヤー収穫を楽しむ

 【南城】知念サヤインゲン・ゴーヤー産地協議会(会長・加島敏光JAおきなわ知念支店長)が主催する「知念ゴーヤー感謝祭」が5日、南城市知念字久原の野菜生産組合ハウスで開かれた。

会場には多くの市民らが参加し、ハウス内のゴーヤー収穫や、ジュースや天ぷらに調理したゴーヤー料理の試食会を楽しんだ。
 拠点産地や県内外で展開するゴーヤー消費拡大を目的としたイベントの一環。「ゴーヤーの日」の5月8日から「裏ゴーヤーの日」の8月5日まで、約3カ月間がキャンペーン期間となっている。
 収穫した5本の重量を当てるコンテストでは、多くの参加者が「予想より重かった」「もう少しだった」と苦戦する中、ピタリ賞も一人出て盛り上がるなど、子供から大人までが楽しいひとときを過ごした。



琉球新報