地域

夢の大切さ後輩に 女子十二楽坊共演の宮城さん

古箏で「世界に一つだけの花」を演奏する宮城一真さん=北谷高校体育館

 【北谷】県立北谷高校(神元正勝校長)のOBで、中国の女性で構成される伝統楽器演奏グループ「女子12楽坊」と共演を果たした宮城一真さん(18)=沖国大1年=が5日、1年生約300人を対象に同校体育館で進路講話「高校生活を充実したものにするために」を開いた。宮城さんは夢や友達の大切さを後輩らに語った。

 宮城さんは女子12楽坊と共演したことを語り、「自分が思い続けている夢を簡単にあきらめてほしくない。生きている限りかなう可能性はゼロではない」と呼び掛けた。また「高校の時の友達や先生は卒業してもつながりがある。嫌だと思う人も別の角度から見たり、正面からぶつかってみてください」と高校在学時の人間関係の大切さなども語った。
 講話の後、宮城さんの横笛や古箏(こそう)による演奏で「世界に一つだけの花」など計4曲を披露した。