地域

戦争の悲惨さ伝えたい 50人「平和ガイドの会」結成

沖縄陸軍病院壕の案内をする「南風原平和ガイドの会」結成式=6日、南風原町の南風原文化センター

 【南風原】6月に一般公開する「沖縄陸軍病院壕」の案内や管理をする「南風原平和ガイドの会」が6日、南風原町の南風原文化センターで結成された。今年1月から3月に同センターで開かれた「南風原平和ガイド講座」の修了者で構成され、町内外から50人が入会した。

 結成式では、会則やガイドらの職務内容、報酬などが確認されたほか、陸軍病院壕の「管理運営規則」、非常時や緊急時の対策について話し合われた。
 役員選出で、会長に選ばれた藤原政勝さん(69)=南風原町=は「地元の人が直接語ることに意義がある。町内にいる戦争体験者たちの言葉に学び、戦争の悲惨さを伝えたい」と決意を述べた。同会は今後、学習会や現場実習を繰り返し行いながら壕の公開に備える。
 壕の見学は予約制。壕の規模や管理体制を考え、1日160人までの見学受け入れを検討している。時間は午前9時―午後5時。定休日は水曜日。入場料は、小・中学生や高校、一般、町内外で異なる。問い合わせは南風原文化センター098(889)7173。