<金口木舌>ラーメンを日本で初めて食べたのは…あのおじいさん?

 時代劇でおなじみの水戸黄門こと徳川光圀が日本で初めて食べたとされるものは多い。ギョーザやチーズのほかラーメンもその一つ。儒学者朱舜水が光圀に中華麺をふるまった

▼この記録、長らく定説だったが、室町時代に中華麺「経帯麺」を食べたという記述が僧の日記にあるのが見つかり、ラーメン初食い記録が更新された。ラーメン通にはよく知られた話とか
▼こちらもラーメン通を騒がせている。佐野ラーメンで有名な東北自動車道上りの佐野サービスエリア(SA)での「店舗休止」だ。お盆の中日に始まったこともあり「有名なラーメンが食べられず残念」と利用客の声がテレビで紹介された
▼「店舗休止」は、総務部長の“不当解雇”に憤った従業員によるストライキによるものだ。運営会社が臨時店員などを集めて一部の店舗を開き、再開を喜ぶ声もテレビで報道された。だが依然労使の溝は埋まっていない
▼労働者が要求を貫徹するため業務をストップさせても、威力業務妨害などの刑事責任が問われない争議権を憲法28条は保障している。労働者固有の権利で、県内でも多くの労組がスト権を行使してきた
▼文芸評論家の斎藤美奈子さんが東京新聞のコラムで書いた。「経営者視点、消費者視点の報道ばかりなのが気になる」「曖昧にされる労働者の権利」。労使交渉に、印籠を見せて一件落着、はない。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス