池宮城秀意記念賞シンポジウム 沖縄と世界ー差別と闘い、軍事主義に抗うー


琉球新報社は2018年「池宮城秀意記念賞」の贈呈式・シンポジウムを9月15日に開催します。受賞が決まった「辺野古新基地反対 海外識者103人声明」に参画した3人を招きます。
【シンポジウム】◇パネリスト=ピーター・カズニック氏(アメリカン大学教授)、ジョイ・コガワ氏(日系カナダ人詩人・小説家)、乗松聡子氏(アジア太平洋ジャーナル「ジャパンフォーカス」エディター)◇進行役=普久原均(琉球新報社編集局長)
【池宮城秀意記念賞】戦後の米軍統治時代から日本復帰後にかけて琉球新報の編集局長や社長を務め、沖縄が置かれた差別的状況に憤り、広い視野から解決を訴えた池宮城秀意(1907―89年)の精神を継承しようと、琉球新報社が創刊115年を記念して2008年に創設しました



開催日 2018年9月15日(土)
時間 午後5時45分~
会場 琉球新報ホール(那覇市泉崎1-10-3)
料金 入場無料 ※但し、事前に整理券を配布しています
人数 定員:600名 
リンク
連絡先 琉球新報社 経営戦略局 
電話番号 098-865-5177 ※平日午前10時~午後5時まで