社会

大阪の男性の死因は頭部挫滅、殺人で捜査

 大阪府警は14日、大阪市中央区のビルとビルの隙間で倒れていたのが見つかり、死亡が確認された男性(48)の死因について、司法解剖の結果、打撲による頭部挫滅と明らかにした。府警は殺人事件として捜査を始めた。 


(共同通信)










  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス