社会

持続化給付金詐取の疑いで弁護士逮捕

 広島県警は23日、新型コロナウイルス対策の持続化給付金をだまし取ったとして、詐欺の疑いで同県東広島市の弁護士(47)ら2人を逮捕した。県警によると、持続化給付金の詐取容疑で弁護士が逮捕されるのは全国初。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス