社会

諫早訴訟、漁業権消滅の判断見直しか

 国営諫早湾干拓事業を巡り、国が堤防排水門の開門を強制しないよう求めた訴訟の上告審で、最高裁が国の請求を認めた二審判決のうち「漁業権消滅で開門を求める権利も失われた」との判断理由を見直す可能性があることが24日、分かった。


(共同通信)