コラム「南風」 辛淑玉さんのごちそう

 2007年6月、NHK出版で年1回の人事異動の内示があった。私の属する生活人新書編集部は、編集長を含む全員が異動。編集部の解散・解体である。だが生活人新書は廃止せず、新しい人員に入れ替えた新編集部で続けるという。理由の説明は一切なし。事実上の懲罰人事だった。

 私のせいだと勘づいた。松井やよりさんの本を出そうとし、日米政府や昭和天皇を批判する新書を出版した獅子心中の虫。私一人でなく連帯責任とばかりに全員を左遷(させん)する粗暴さには、さすがにあきれ果てた。
 左遷先での処遇は酷(ひど)いものだった。昼間は月刊誌の編集をし、平日夜と土日は朝まで新書を編集する。小田実(まこと)さんの『中流の復興』の編集以前から、もう満足に体が動かなくなっていた。しかし自ら企画した本は最後まで自らの手で作る。それが私にできる最大にして最後の抵抗だった。こうして同年8月に出版したのが、知念ウシ・沼田鈴子・斎藤貴男・広岩近広(ひろいわちかひろ)の4氏の共著『あなたは戦争で死ねますか』であった。
 同年10月、ついに私は職場で倒れ休職。ほぼ寝たきりになり、結局退職した。だが事の顛末(てんまつ)は信頼できる人にきちんと話しておきたい。私は休職中、人材育成コンサルタントの辛淑玉(しんすご)さんにお会いした。06年、彼女は書きためていた大切な自伝を私に編集させてくれた恩人だ。書名は『せっちゃんのごちそう』。辛さんは私の話を半日かけてじっくり聴き、手作りのキムチそばをごちそうしてくださった。憔悴(しょうすい)し切った私の心と腹に、おいしく忘れ難い温もりが広がった。
 実に無様な末路だった。だが、苦境に負けぬ誇りと情けに満ちた大勢の人たちとの出会いと別れに恵まれた。根腐れた三流の出版社にぶら下がって食いつないできた五流の壊れたサラリーマン編集者にしては、誠に上出来の歳月であった。
(柴崎成実(しばざきなるみ)、編集者)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス