政治

政府「SLBMの可能性高い」 北朝鮮のミサイル技術向上と警戒

 北朝鮮の国防科学院が2日に東部の元山湾で行った新型の潜水艦発射弾道ミサイル「北極星3」型の発射実験。朝鮮中央通信が報じた(朝鮮通信=共同)

 政府は3日、北朝鮮の朝鮮中央通信による新型潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)「北極星3」型の発射実験に成功したとの発表を受け、情報収集と分析を急いだ。政権幹部は「SLBMの可能性が高い。ミサイル技術は確実に向上している」と警戒を強めた。

 菅義偉官房長官は記者会見で「北朝鮮の発表も含めて分析中」と説明した。北朝鮮への今後の対応について「関連の国連安全保障理事会決議の完全な履行が極めて重要だ」と強調した。

 政府関係者は、2日に発射された弾道ミサイルが日本の排他的経済水域(EEZ)に落下したと推定されることを踏まえ「狙った場所に落とせる技術はある」と指摘した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス