スポーツ

サモアが日本戦のメンバーを発表 6人変更、SOセウテニが初先発

 日本戦を前に記者会見するサモアのジャクソン監督(右)=3日、名古屋市

 ラグビーのワールドカップ(W杯)1次リーグA組で、5日に豊田スタジアムで日本と対戦するサモアが3日、メンバーを発表した。

 0―34で敗れた9月30日のスコットランド戦から先発は6人を入れ替えた。司令塔のSOはセウテニが今大会初先発する。スーパーラグビーの日本チームのサンウルブズでプレーし、6月に豊田自動織機に加入したSOピシはベンチスタート。

 今大会で2トライずつマークしているWTBフィドウとCTBレイウアや、元リコーのFBナナイウィリアムズは順当に先発に名を連ねた。高い走力を誇るバックス陣をいかに封じるかが日本にとって重要になる。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス