経済

オンワード、韓国撤退へ 日韓関係悪化で業績不振

 オンワードホールディングス(HD)は7日、日韓関係の悪化などを理由に、2020年2月までに韓国事業から撤退すると発表した。韓国では主にゴルフ関係などの商品を扱っているという。東京都内で開いた決算説明会で保元道宣社長は「日韓の摩擦の影響で、このところ業績が悪い状態が続いていた」と説明した。

 ほかに事業構造改革の一環として、セレクトショップの「オープニングセレモニー」やカジュアル衣料品のブランド「フィールドドリーム」などの撤退も明らかにした。

 オンワードHDは構造改革のため、不採算店舗の閉鎖やブランドの廃止を進めている。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス