芸能・文化

芝野、10代初七大タイトル 囲碁名人に、最年少19歳

 囲碁の第44期名人戦7番勝負の第5局で、張栩名人を破った芝野虎丸八段。10代初の七大タイトル保持者となった=8日夜、静岡県熱海市

 囲碁の第44期名人戦7番勝負の第5局は7、8の両日、静岡県熱海市で打たれ、挑戦者の芝野虎丸八段(19)が張栩名人(39)を破り、4勝1敗で名人を奪取、10代初の七大タイトル保持者となった。最年少19歳11カ月の獲得で、2009年に井山裕太四冠(30)が達成した20歳4カ月を10年ぶりに塗り替えた。

 芝野新名人は最年少でのタイトル獲得について、「10代のうちは厳しいかと思ったが、今回、勝ててよかった」と喜びを語った。終盤で好手を放ち、252手で白番中押し勝ちした。

 七大タイトル初挑戦の芝野新名人はプロ入りから最速の5年1カ月で奪取した。


(共同通信)