政治

首相、50カ国の要人と会談へ 即位礼に合わせ親善外交

 安倍晋三首相は22日の天皇陛下の「即位礼正殿の儀」に合わせて来日する外国賓客のうち、約50カ国の要人と個別に会談する方向で調整に入った。政府関係者が9日、明らかにした。式典当日の22日を除く21~25日の4日間の日程で、1日当たり十数人との「マラソン会談」に臨む。祝賀ムードの中、親善外交を展開する方針だ。

 外務省は日本が国家承認している195カ国のうち、アサド政権の非人道性が指摘されるシリアを除く194カ国と国連、欧州連合(EU)に招待状を送った。

 各国首脳では、トルコのエルドアン大統領やタイのプラユット首相らが出席する。


(共同通信)