政治

参院埼玉補選が告示 N国党首と前知事対決

 左から立花孝志氏、上田清司氏

 参院埼玉選挙区補欠選挙が10日告示され、NHKから国民を守る党の党首立花孝志氏(52)、立憲民主、国民民主両党県連が支援する無所属の前同県知事上田清司氏(71)の2人が立候補を届け出た。投開票は27日。自民党は上田氏が憲法改正論議に前向きだとの理由で対抗馬擁立を見送った。共産、社民両党県組織は自主投票。

 上田氏は旧民主党衆院議員などを経て4期16年知事を務めた。連合埼玉の推薦を受ける。「地方重視」を掲げ、行財政、社会保障制度改革に意欲的だ。戦争放棄などを定めた憲法9条の改正の必要性に言及する。

 立花氏は7月の参院選比例代表で初当選。既得権益打破を訴える。


(共同通信)