経済

スズキ業績予想を下方修正 インド低迷、検査不正響く

 スズキは10日、2020年3月期連結業績予想の売上高を従来の3兆9千億円から3兆5千億円、純利益を2千億円から1400億円にそれぞれ下方修正すると発表した。主力市場のインドで、景気低迷により自動車販売が落ち込んでいる。

 ブレーキなどの検査不正の発覚を受け、国内工場で4月以降、生産を抑えていることも響いた。インドでは販売不振が続いていたが、影響を見極めるとしてこれまで業績予想を据え置いていた。

 11月5日に予定している19年9月中間決算の公表時に詳しく説明するとしている。


(共同通信)