芸能・文化

「4人の妹できた気持ち」 乃木坂46の伊藤純奈

 アイドルグループ「乃木坂46」の5人が出演するミュージカル「美少女戦士セーラームーン2019」が東京都文京区の東京ドームシティホールで初日を迎え、セーラームーン役の久保史緒里、セーラージュピター役の伊藤純奈らが意気込みを語った。

 国内外の少女たちを夢中にさせた武内直子原作の少女漫画を舞台化。向井葉月がセーラーマーキュリー、早川聖来がセーラーマーズ、田村真佑がセーラーヴィーナスを演じる。

 久保は「武内先生が生み出したすてきな世界を届けられるよう、全身全霊で頑張りたい」と緊張の面持ちで決意表明した。

 グループの中で先輩の伊藤は、後輩の久保らについて「かわいいけれどすごく手がかかる子たちで、パターンの違う妹が4人できた気持ち。いい意味で大変でした」と語った。

 劇中の名せりふ「月にかわっておしおきよ!」にちなんで、お仕置きしたいメンバーを問われた伊藤は「真佑は私が何をしても、『純奈さんかわいい』みたいにいじってくる。一応先輩なんですけど、なめられてますね」と苦笑した。

 東京公演は14日まで、中国・上海公演は11月22~24日まで。


(共同通信)