スポーツ

W杯日本戦などで黙とう 台風19号被害で

 ラグビーW杯1次リーグの日本―スコットランド戦を前に、台風19号の犠牲者を悼み黙とうする日本代表=13日夜、横浜市の日産スタジアム

 ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会で13日、台風19号の犠牲者に全3試合で黙とうがささげられた。横浜市の日産スタジアムで実施された日本―スコットランドなどで選手や観客らが悼んだ。

 台風19号は広範囲にわたり甚大な被害をもたらし、W杯は3試合が中止。日本戦も開催が正式決定したのは試合当日だった。1次リーグ突破が懸かる決戦を前にリーチ主将ら日本の選手たちは肩を組んで、静かに目を閉じた。

 国際統括団体、ワールドラグビー(WR)のビル・ボーモント会長は「われわれは、この困難な時に日本とともにある」とコメントした。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス