スポーツ

西武の辻監督、続投が決定 来季が就任4年目

 埼玉西武ライオンズの辻発彦監督

 西武は13日、辻発彦監督(60)が就任4年目となる来季も続投すると発表した。昨オフに2年契約を結んでおり、クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージで敗退が決まった試合後に居郷肇球団社長から正式に続投を要請され「リーグ3連覇をできるように頑張るのが一番」と話した。

 今季は米大リーグ、マリナーズに移籍した菊池雄星投手や、楽天に移籍した浅村栄斗内野手ら主力が多く抜けた中でリーグ2連覇を達成した。渡辺久信ゼネラルマネジャー(GM)は「よくやってくれた。下馬評が高くない中でリーグ優勝まで持ってきてくれた」と手腕を評価した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス