スポーツ

バレー日本、イラン破り7勝目 男子W杯第9日

 バレーボール男子のワールドカップ(W杯)第9日は13日、広島県立総合体育館で行われ、世界ランキング11位の日本は世界8位のイランに3―1で勝って7勝2敗とした。日本協会によるとW杯7勝は24年ぶり。

 第1セット序盤に小野寺(JT)のサーブで流れをつかんで25―16。第2セットは競り負けたが第3セットは西田(ジェイテクト)の攻撃がさえて25―13で奪い、第4セットも25―21で押し切った。イランは4勝5敗。

 2016年リオデジャネイロ五輪優勝のブラジルは世界選手権2連覇中のポーランドに3―2で勝って9連勝。ポーランドは7勝2敗。米国も勝ち7勝2敗となった。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス